リングゲームでオフスーツのAをプレイすべきな時

PokerStarsSchool | Cash Games

今回の主役は誰も「ごみくず」とは言わないスターティングハンドです。83oをプレイして大きなポットを勝った話は誰もしませんが、オフスーツのAxを持っていた時の話をする事は一般的であると思います。このハンドは扱いが難しく、基本のルールは「オフスーツのAxはプレイするな」になっていますのですぐにAxを捨てべきな状況と説明してもあまり意味がありません。その一方で、この記事ではどの様にオフスーツのAxをプレイすべきかを説明いたします。

ボタンとSBからスチールする

例えば、A♦6♠を持っている時に参加すべき一般的な状況はボタンからブラインドをスチールできる確率が高い時です。Ax系のハンドは間違いなく7♥6♥の様なスーテッドコネクターよりもブラインドの相手のハンドレンジに対しての勝率が高いです。なぜだかお分かりになりますか?答えはAがブロッカーになるからです。Axはポストフロップで使うには難しい手札ですが、プリフロップで使うにはとても有効な手札です。理由の一つとしては、自分がAを持っている時は相手がAを持っている確率が減るのでフォールドエクイティが高まりますし、AK, AQ, A5s等で相手から3ベットされる可能性も低くなります。Axがスチールしやすい理由は他にもあります。BBのプレイヤーはプリフロップのレイズに対して多くのハンドで自分のチップを守る必要がありますのでスタンダードなBBのコールするハンドレンジに対してA6でも勝率50〜55%で、仮にタイトなプレイヤーのレンジに対して勝率が50%以下だとしてもフォールドエクイティを足せばスティールをするには十分な強さになるのです。

ブラインド対決

基本的にオフスーツのAxでレイズにコールするのは良い選択とは言えません。しかしBBのプレイヤーがSBのレイズに対してコールするのはこの限りではありません。例えばSBに座っている対戦相手が3BBのレイズをしたとします。あなたはBBでA♠4♣を持っており、2BBでコールする事でフロップを見に行くことができます。A4oはプリフロップで参加すべきではないハンドと書かれる事が多いですが、SBのレイズに対しては絶対にコールする必要があります。

その理由は幾つかありますが、まずオッズが良い事が一番の理由です。2BBを払えば6BBのポットを得る為のフロップを見に行けます。つまり3回に1回でもこのポットが取れればオッズに合う選択になるのです。BBに対してSBがスティールする際のハンドレンジは全ハンドの40-60%になるのが一般的で、このタイプのプレイヤーに対してはA4oは50%のエクイティがあり、スタンダードにプレイさえすれば33%以上の勝率が見込まれるのでオッズに合う計算になります。私の予想ではAxは最低でもランダムなハンドに対して40%の勝率があるはずなのでハンド数がたまったら確認してみてください。

SBでのフラットコール

その他の参加すべき局面の一つは、参加する際のコストが低く、Aがフロップでトップペアになった場合に自分が一番強いハンドを持っていると考えられる場面です。例えばルーズなプレイヤーが二人、両方ともリンプしていた時にSBでA♠3♦を持っている時にコールするのは正しい選択です。オッズ的に見ても0.5BBを払うだけで4BBのポットを得るチャンスがあるので必要な勝率はたったの12%になります。弱いオフスーツのAは、フロップでAが当たらなかったりストレートにならなければ捨てざるを得ないハンドですが、オッズ的には10回参加して2回でも勝てれば参加した方がいい事になります。

カットオフ(タイトなテーブルのみ)

基本的にカットオフのポジションでオフスーツのAxを使うのは良い選択だとは言えません。しかし、あなたの左隣に座っているボタンのプレイヤーがタイトなプレイヤーであれば、カットオフからでもレイズインする方が良いでしょう。この様なケースではブロッカーとしての役割がより重要になります。タイトなプレイヤーがあなたのレイズにコールした場合、相手のハンドレンジが狭いので間違いなくあなたのAよりも強いハンドを持っていると思ってください。参加率はプレイしているゲームでも異なってきます。例えばZoomをプレイしている場合は通常のテーブルよりもカットオフでの参加率を増やした方が良いです。Zoomをプレイしている多くのプレイヤー達は待つ事が苦手でハンドを見た瞬間にフォールドボタンを押してしまうケースが多々あり、ブラインドを守る割合が減る傾向にあります。Zoomの様に対戦相手が常に変わらない通常のテーブルでプレイする際にカットオフからのレイズ率が高いとボタンやブラインドのプレイヤーがイライラすることがありますがZoomではその様な事はほとんど起きません。

ボタンから相手を減らすため

皆がボタンのあなたまでフォールドしていたり、弱いプレイヤーがリンプしていたら、ボタンからアイソレーションプレイを仕掛けてください。ポジションの優位性、スキル差、対戦相手がリンプするハンドレンジを考慮すれば、Axは相手を減らすのに適したハンドになります。3ベットをする回数が少ない場合はぜひ試してください。

まとめ

私が知っているオフスーツのAを使える場面は上記の通りになります。ここでお伝えした状況以外でも使う事はできますが、判断が難しく確実に勝率が下がるのでお勧めはしません。

Loading more content...