トーナメントでビッグスタックを扱う

PokerStarsSchool | MTT

トーナメントではビッグスタックが常に有利です。私たちはそのことを直感的に知っていて、ビッグスタックがあれば「選択の幅が広がる」、「クリエイティブにプレイができる」、「もっとプレッシャーをかけられる」、「もっと我慢できる」とよく言いますが、その真意は何なのでしょうか? そして、これを自分のプレイに組み込むにはどうすればよいでしょうか? 検討可能な点をいくつか見ていきましょう。

– こちらがビッグスタックを獲得した経緯を相手は知っているか? もし知っているなら、その知識を戦略に組み込むのは悪くありません。タイトにプレイしていて、セットオーバーセットのような形で大量のチップを手にしたなら、タイトな印象のままレイズやリレイズでより効果的にスチールできるかもしれません。ルースアグレッシブにプレイしていて、そこそこの手札が強いハンドに化けたら、ブラフはもっと難しくなるでしょう。もちろん、その場にいたプレイヤーにしか通用しません。テーブルを移動したら、そこの相手はあなたがチップを獲得した経緯を知ってるはずもありませんから。

– 我慢する:「プレミアム ハンドを我慢強く待て」という意味ではなく、スタックが大きいのにテーブルでムキになるのは得策ではないという意味です。一か八かのコールで勝負してくるショートスタックを相手にする筋合いはありません。フォールドエクイティが高い局面や強いハンドが配られるのを待って攻撃に移る余裕があなたにはあります。

– 自制心を維持する:ショートスタックやミディアムスタックの相手とは違ってトーナメントから直ちに敗退するプレッシャーがないビッグスタックで攻めに出たくなる気持ちは分かりますが、必要以上にアグレッシブになるのは禁物です。最悪の場合、ビッグスタックからスモールスタックに転落してしまいかねません。下手なブラフを打つといとも簡単にそんな状況に陥ります。

ここからはチップに関する注意点をいくつか見ていきましょう

– プリフロップのオープンレンジを広げる:ポットに参加しているプレイヤーがいれば広いレンジでオープンして、少額のポットをスチールできます。この戦略を採用するのは悪くありません。トーナメント生命がかかっている相手はビッグスタックには関わりたがらないものです。

– ポストフロップで守りの意識を高める:上記の理由からプリフロップのオープンレンジを少し広げることにはメリットがあるものの、相手が勝負してきた場合の対処については見落としがちです。この場合、相手の方がわずかに有利なレンジで、ポストフロップのレンジでもその状況が変わらないことがよくあります。なので、自制心を失ってブラフやブリーをしすぎないことがとても重要になります。攻撃してスタブし、相手が対抗してきたら貴重なスタックを守るようにしましょう。

– スモールスタックとミディアムスタックにプレッシャーをかける:対応を間違えば敗退というのは大きなプレッシャーになります。

– 節目のバブルでプレッシャーをかける:最大のバブルはマネーバブル (ゼロで終わるか抜け出すか) とファイナルテーブルがかかったバブルです。バブルが弾けるのを待つだけで、最強のハンド以外をフォールドするプレイヤーもいるため、ビッグスタックならバブルで自由にオープンできます。この際気を付けたいのは、ミディアムスタックがバブルでオープンしてきた場合です。たいてい強いハンドでしかオープンしてこないので、弱いハンドやマージナルなハンドでミディアムスタックのレイズにコールするのはいただけません。

– エフェクティブスタックのサイズに気を配る:80 BB のスタックでボタンからオープンしても、SB が 12 BB、BB が 11 BB しかなければシャロウマネーな状況でプレイしていることになるのを忘れないでください。ポットに参加するかどうか迷ったら、常に手持ちスタックを確認するようにしましょう。

– ビッグスタックとの対決を避ける:繰り返しになりますが、これは「ほかのビッグスタックがポットに参加しているときは手出しをしない」という意味ではありません。チップをたくさん持っていることには大きな価値がありますが、これを守ることにもメリットがあります。戦争状態に入りかけている 2 つの超大国を想像してください。小競り合いなら問題ありませんが、相手が強力な兵器を使ってきたら相応の犠牲は覚悟しなければなりません。

ビッグスタックでトーナメントをプレイするのは楽しいものです! 相手のトーナメント生命を左右するあなたのベットには強い影響力があります。簡単にオープンできる上に、ポストフロップをコントロールできる局面も多く、手練手管を自在に駆使できます。スタックを増やすプレイを続けて、相手が対抗してきたらチップをプロテクトするように心がけることで、ファイナルテーブルのチップリーダーに近づくことができるでしょう。

Loading more content...