PokerStars ホームページ
リングゲームとトーナメントの違い
ポーカーでは常にそうですが、リングゲームでの意思決定は常に状況に左右されます。 「ペアの 3 をどうプレイすべきか」とか「トップペアならレイズにコールできるか」という質問に対する確実で最終的な回答はありません。 その時々の状況によって正解も異なります。
 
そのため、このコースではリングゲームでよく耳にする典型的な質問に答えるのではなく、 テキサスホールデムのさまざまな状況を例にとり、そこでの最適なプレイの根拠を考え、分析を行います。



ポーカーの基礎」コースで言及されている主要な概念を理解してテーブルで繰り返し実践していれば、リングゲームの似たような場面で同じような根拠や分析が当てはまることに気づくでしょう。

このコースで意味が分からない、同意できない、またこれまでの学習から大きく外れていると感じることがあったら、詳細をメモして是非フォーラムで議論してみてください。

リングゲームの特徴

このコースでは、これまでに学習したことをリングゲームに応用していきます。 リングゲームは以下を含む多くの点でトーナメントと異なります。
  • 自由に参加・離席できる
  • リバイできる
  • バリアンスの影響
順番に見ていきましょう。

リングゲームは自由に参加・離席できる

リングゲームではいつでも所持金全額を持って離席できますが、 トーナメントでは優勝するか飛ばされるまでプレイを続けなければなりません。 リングゲームの方がかなり自由にゲームを選択できます。

また、リングゲームは (マルチテーブル トーナメントのように) ゲームの開始時刻や、(Sit & Go のように) 特定の人数が参加するのを待つ必要もありません。 ロビーで気に入ったゲームを見つけ、空席があれば着席してすぐにプレイを始めることができます。

テーブルが満席でも空席待ちリストに登録しておけば、席が空き次第すぐに参加できるし、 ブラインドをポストすれば離席できます。

リバイできる

トーナメントでチップ全額を失えば大惨事です。 トーナメント敗退となり、テーブルを立ち去らなければなりません。 リングゲームでは、バンクロールが許す限りリバイしてプレイを続けることができます。

だからといって何も考えずにチップを濫費してよいことにはなりませんが、バッドビートや、マージナルハンドで不運にも敗れた場合の慰めにはなります。

リングゲームでは、たとえ負ける可能性があるハンドでもチップ全額を失うリスクを負うことが「正しいプレイ」となる場合があることを知っておいて損はありません。 たとえば、ポケット クィーン (QQ) のような手札を持っていて、相手が非常にアグレッシブでマニアックなプレイヤーだとします。 ポーカーの性質上、毎回勝つとはいえませんが、プリフロップでオールインしたら勝つ可能性はとても高くなります。

相手が のような手札なら 30% の確率で負けますが、 結果はどうあれ賭ける価値はあります。 負けてもチップをリバイするだけで後から負け分 (+α) を取り戻せます。

リングゲームでは「期待値」と呼ばれる概念を考える必要があります。これは長期的な利益につながる正しい判断をすることを重視した考え方です。 1 回 1 回の結果にそれほど気にかける必要はありません。 つまり、ラグエースに対してポケット クィーンで勝負を繰り返せば損失よりも利益がはるかに大きくなります。

別の例を見てみましょう。手札が でボードが です。 フラッシュ ドローかつストレート ドローです。
 
ターンの時点でポット サイズはおよそ 100 BB。相手は残った 20 BB でオールインを仕掛けてきました。 相手にセットがないことは確実なので、どちらかのドローをヒットすれば勝てるでしょう。
 
アウトは 13 枚なので勝算は 25% に過ぎませんが、リスクに比べてポットが大きいので勝負すべきです (20 BB の投資で 140 BB の利益)。 リングゲームでは、こうした状況ではスタック サイズに関係なく常にコールすべきです。 たとえ残りスタックが 20 BB でもそれが正しい判断です。 負けてもリバイできます。
 
4 回に 3 回の確率で負けてリバイが必要になることは心に留めておく必要がありますが、 ここでは常にコールが適切なプレイです。 トーナメントではコールするかどうかはトーナメントの段階、スタック サイズ、ブラインド レベル、バブルへの近さに大きく左右されますが、 リングゲームではそうした要素はありません。

バリアンスが小さい

トーナメントで高額賞金が手に入るのはファイナルテーブルですが、巨大なフィールドでそこまでたどり着くのは容易ではありません。 一か八かの勝負をいくつも勝ち抜き、クーラーやバッドビートなど自分でコントロールできない状況を回避する必要があります。 トーナメントに強いプレイヤーでさえも、投資に対するリターンを得られず、悪い流れが驚くほど長く続く体験を何度も味わいます。

もちろんリングゲームにも「バリアンス」はありますが、もっと極端ではなく扱いやすい傾向があります。 リングゲームでも、優秀なプレイヤーが何度も連続でセッションを落とすことがありますが、流れが悪くなったら損失を抑えたり、レベルを下げてより少額なゲームをプレイしたりすることができます。

リングゲームではプレーヤーの勝敗の分布曲線はより緩やかになる傾向があるので、自分のプレイ スタイルが有益性を見極めるためのより正確な指標を得ることができます。

その他

このコースの残りの時間は、リングゲームの戦略に関するアドバイスを紹介します。 たとえば、スターティング ハンドの条件はリングゲームの状況に応じて若干異なり、また相対的なスタック サイズの違いもずっと重要になります。 プリフロップでのプレイに関するセクションでこれらを見ていきます。

このコースはインタラクティブなコースです。ぜひリングゲーム フォーラムに質問を投稿して議論に参加してください。
 

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。