PokerStars ホームページ
テキサスホールデムのルール
テキサスホールデムは標準的な 52 枚のデッキを使って 2 ~ 10 人でプレイします。 大規模なトーナメントでは参加者数が数百人になることもありますが、1 回のハンドで対戦するのはテーブルに同席しているプレイヤーのみです。

毎回のハンド開始前に 1 人のプレイヤーが名目上の「ディーラー」となり、このディーラーを識別するディーラー ボタンまたは「ボタン」が置かれます。 このプレイヤーが実際にカードを配るわけではありませんが (オンラインではカードは自動で配られます)、ディーラーの位置に基づいて「ブラインド」をベットしなければならない 2 人のプレイヤーが決まります。

ディーラーの左に座る 2 人のプレイヤーは強制ベットである「ブラインド」(手札も見ていない状況でベットするためこう呼ばれます) をベットします。 ディーラーのすぐ左のプレイヤーが「スモールブラインド」を、その左のプレイヤーが「ビッグブラインド」をベットします。ビッグブラインドは通常スモールブラインドの 2 倍の額です。

画像ではボタンが置かれた 5 番の席のプレイヤーがディーラーで、 その左隣の 2 人のプレイヤーが「イン・ザ・ブラインド」です。

ハンドが終了するたびにディーラー ボタンはテーブルを時計回りに 1 つずつ移動していきます。プレイヤーは順にディーラー、スモールブラインド、ビッグブラインドのポジションでプレイしていきます。

ブラインドがベットされるとプレイヤー全員にカードが 2 枚ずつ伏せて配られます。 これを「ホール」カードと言い、配られたプレイヤーのみ見て使用することができます。 ハンドが終了するまでにさらに 5 枚の「コミュニティ」カードがテーブル中央に表を上にして配られます。このカードは全員が使用できます。

コミュニティ カードはまず 3 枚同時に配られ (フロップ)、4 枚目 (ターン) が単独で配られ、続いて 5 枚目 (リバー) が配られます。 毎回配られるたびにベッティング ラウンドが発生します。

ポーカーでは、2 枚の手札と 5 枚のコミュニティ カードの合計 7 枚の内の 5 枚を使ってより強い役を作ることを目指します。

4 回のベッティング ラウンド

ハンドを終局までプレイすると、ベッティング ラウンドすなわちポットにチップを投じる機会が 4 回発生します。 プレイヤーは「フォールド」していつでもゲームを降りることができます (下を参照)。

ベッティング ラウンドが修了すると、残ったプレイヤーにカードが配られ、次のベッティング ラウンドが開始します。


プリフロップ: 1 回目のベッティング ラウンド

最初の 3 枚のコミュニティ カード (フロップ) が配られる前に 1 回目のベッティング ラウンドが行われます。 これは「プリフロップ」と呼ばれ、プレイヤーは配られた 2 枚の「ホール」カードの強さだけに基づいてベットします。

ビッグブラインドの左の「アンダー・ザ・ガン」と呼ばれるポジションのプレイヤーを先頭に、 テーブルを時計回りにプレイしていきます。

プレイの選択肢として次があります。

  • フォールド: これ以上プレイせずにハンドを降ります。 ブラインドをベットしていても、ポットの分け前を手に入れることはできなくなります。
  • コール: 現在のベット額と同額をベットして、ハンドに残ります。 プリフロップでは最低でもビッグブラインドと同額となります。他のプレイヤーがレイズした場合は金額がさらに大きくなります。
  • レイズ: 現在のベット額を引き上げます。 先に誰もレイズしていない場合は自分がレイズできます。
  • ビッグブラインドのポジションで、自分より先のプレイヤーが誰もレイズしなかった場合は、チェックして ポットにチップを投じないという選択もできます。 プリフロップでビッグブラインドのポジションで、誰もレイズをしていない場合にチェックできます。
ベッティング ラウンドは全員がフォールドしてハンドに参加し続ける意志がないことを示すか、全員がポットに同額のチップを投じると終了します。

フロップ: 2 回目のベッティング ラウンド

1 回目のベッティング ラウンド終了後にテーブル中央に最初の 3 枚のコミュニティ カードが表を上にして置かれます。 これを「フロップ」と言います。

ディーラーの左側で最初にカードを持っているプレイヤーから順にベットしていきます。

誰もベットしていない場合はチェックできます (ポットにチップを投じず、次のプレイヤーに順番が移ります)。 また、プリフロップと同様にフォールド、コール、レイズを選択できます。

ここでもベッティング ラウンドは全員がフォールドしてハンドに参加し続ける意志がないことを示すか、全員がポットに同額のチップを投じると終了します。

ターン: 3 回目のベッティング ラウンド

2 回目のベッティング ラウンドが終わった時点で少なくとも 2 人のプレイヤーがハンドに参加していると、4 枚目のコミュニティ カードが配られます。 これを「ターン」と言います。 ディーラーの左側で最初にカードを持っているプレイヤーから順にベットしていきます。 フロップ以降と同様にプレイが進行します。

リバー: 4 回目のベッティング ラウンド

3 回目のベッティング ラウンドが終わると 5 枚目で最後のコミュニティ カードが配られます。 これを「リバー」と言います。 最後のベッティング ラウンドもディーラーの左側で最初にカードを持っているプレイヤーから順にベットしていきます。

ゲームに参加しているプレイヤーは「ショーダウン」へと進みます。

ショーダウン


最後のベッティング ラウンドが終わると、各プレイヤーは 2 枚のホールカードと 5 枚のコミュニティ カードの計 7 枚の内 5 枚を組み合わせて最高の役を作ります。

この段階で残ったプレイヤー全員がハンドを見せ、最も強いハンドが決定します。 ショーダウンで最も強い役を持っているプレイヤーがポットを獲得します。

上の画像では [Player 1] は K と Q のツーペアでキッカーが 7 です。 最高の 5 枚のカードはフロップの K 2 枚、ホールカードの Q 2 枚、そして 7 です (ポーカーの役はすべて 5 枚のカードで作ります)。

ビッグブラインドのプレイヤーは 手札の K 1 枚とフロップの K 2 枚を使ったスリーカードができています。 残りの 2 枚は 7 (ターン) と 6 (リバー) です。

ツーペアよりもスリーカードの方が強いのでビッグブラインドのプレイヤーの勝ちとなります。

複数のプレイヤーが同じ役で勝った場合は、そのプレイヤーたちでポットを均等に分け合います。

現在のハンドが終了すると、ディーラー ボタンが 1 つ左に移動して次のハンドが始まります。

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。