PokerStars ホームページ
ポーカーのリングゲームスターティングハンド
どのような ポーカーハンドでも一番最初に決めなければならないのは、そのハンドで参加するかどうかです。この決断にたどり着くまでには様々な要因が絡んできます。それはポジション、相手、テーブルイメージ等ですが、最も大切な要因はハンドの強さです。 
 
T極端に言うと、A-Aを持った時は必ずプレイします。一方7-2を持った時は基本的にフォールドです。 
 
下記はわかりやすいポジションによってプレイすべきハンドの一覧です。その後には大きく赤い警戒マークがあるハンドです・・・ 
 
絶対に参加(プレミアムハンド) 
  • T-T 以上のポケット ペア 
  • A-K、A-Qスーツ 
このリストは短いですね。こちらのリストは短いですね。 これほど強いハンドは、どのような時にでもプレイするべきです。レイズされても、3ベットされても、自分からベットをした時でも。滅多に手に入らない限定的なハンドのため、できるだけ大きなポットを作りたいところです。 
 
プレイした方が良い(良いけれど偉大ではないハンド) 
  • 6-6~9-9のポケットペア 
  • A-Qオフスーツ、A-J、A-Tスーツ 
  • K-Q、Q-J、J-Tスーツ
  • 8-7、7-6、5-4 (すべてスーツ) 
こちらのカテゴリーの方が幅広いのですが、ポジションによって変更することがあります。レイトポジションの場合はこれら全てのハンドでレイズもコールもできて、もう少し弱いA-9やK-Jでも大丈夫です。しかしアーリーポジションではA-Q、9-9、K-Qなど、中の強めの手のみプレイしましょう。それは後ろにまだ行動していないプレイヤーが多いため、自分より強いハンドがある可能性が高いからです。 
 
相手の腕も考慮しなければなりません。レベルが高いゲームの場合タイトが良いだろうし、弱い相手が多いテーブルの場合はポストフロップのその相手のミスを食い物にしてみるのが良いでしょう。 
 
警告!緊急非常態勢! 
  • A-2~A-8 
  • 2-2~5-5の小さいポケットペア 
  • K-T、Q-T 等 
これらのハンドは全てパッと見は強そうですが、調子に乗らないように気をつけないといけない手です。A-7のような弱いエースではトップペアに当たるかもしれない分は価値がありますが、ポットが大きくなっていく場合では相手にもっと強いAがあることがほとんどです。こういう手の場合は、トップペアでも降りる覚悟でいなければなりません。 


 
小さいポケットペアは豪華か餌食かのどちらかの場合がほとんどです。セットで当たった場合は勝っている場合がほとんどで、ポットを大きくしたいけれどセットに当たらなかった場合は問題になります。 
 
その場合はボードより低いペアを持って、困ります。ブラッフでも降りる覚悟でいるか、勝っているかどうかは全く判断できない状態で必死にコールすることになってしまいます!これらのハンドはプレイした方が良いのですが、大きく当たらなかった場合は困ることを理解した上でプレイしてください。 
 
トーナメントからリングゲームへの移行  
 
一般的にトーナメントとリングゲームのスターティングハンドは同様です。一番大きな違いはリングゲームの場合はスタックのBB数がトーナメントより多いことが基本ですので選択肢と余裕がトーナメントより多くなります。 
 
リングゲームでチップが多い場合は(100BB等)、スーツのコネクター等の価値が上がります。それはK-Kのようなモンスターハンドに忍んで勝つことができるからです。逆にA-x、K-J等の曖昧なハンドは、ドミネートされる可能性が高いため、価値が下がります。
 

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。