PokerStars ホームページ
タイトアグレッシブ スタイル

テキサスホールデムでは、特定の状況や対戦相手に合わせてさまざまなプレイ スタイルを使い分けますが、その中でもタイトアグレッシブは基本的でうまくいく戦略といえます。

PokerStars School のコースでは初心者に最適なタイトアグレッシブなプレイに焦点を当てています。

「タイト」とは強いハンドでプレイして、弱いハンドはフォールドすることです。 一方「アグレッシブ」なプレイではベットかレイズを選び、コールすることは稀です。 タイトでアグレッシブなプレイヤーは有利な状況を待って、その機会を着実にものにしていきます。



ポーカーではルールに囚われすぎてはいけない状況がよくありますが、 基本をしっかりと抑えることが先決です。

タイトなプレイ

テキサスホールデムには 169 通りものスターティング ハンドがありますが、利益の大半はそのうちのごくわずかのハンドで獲得します。

ポケット A のようなプレミアム ハンドが配られることもありますが、大半は のような弱いハンドや のようなゴミです。 スターティング ハンドが対戦相手よりも弱いと、スタート直後から相当不利な状況に立たされます。

そのような状況ではプロでも長期的に利益を上げることはできないので、フロップに行く前にフォールドすることが重要になります。

このプレイ スタイルを「タイト」といいます。とても慎重で、有利だと感がられるハンドでしかプレイしないためです。 9 人テーブルでは、配られた手札の平均 15 ~ 20% のみ参加するのが妥当で、5 回の内 4 回はフロップに行く前にフォールドする計算になります。

こうしたアドバイスを聞かずにほぼすべてのハンドに参加するプレイヤーもいますが、このようなスタイルは「ルース」といいます。

アグレッシブにいこう

アグレッシブであることはポーカーでは良いこととされます。 頻繁にベットやレイズをし、あまりコールをしないことで自分の有利な方に影響を及ぼすことができます。 成功を収めているほぼすべてのポーカー プロがアグレッシブにプレイしています。 ベスト ハンドを持っている時にベットし続けて、できるだけ多くの資金がポットに投じられるようにすることがとても重要です。

勝てそうなハンドを持っているときは対戦相手にコールしてもらうのです。

対戦相手が全員フォールドした場合も自分の手を晒さずにポットを獲得できますが、 数多くベットやレイズしていなければ不可能です。

(アグレッシブではなく) パッシブ (消極的) にプレイすると、ポットは小さいままで対戦相手にはハンドを強くするチャンスを与えてしまいます。

相手はチェックをしてもっとカードを見ることができ、ショーダウンまで行けば今度は自分の手を見せなければならなくなります。


例:

上ではあなたの手札は で、対戦相手は を持っています。

フロップは で、ポットはすでに 10点 です。

あなたはトップ ペアでベスト ハンドです。 相手のハンドは弱いものの、ターンで Q をヒットしたらストレートに化けます。

3 つの可能性を比較してみましょう。

  1. 5点 をベットして対戦相手がフォールド。確実に 10点 を獲得できます。
  2. 5点 をベットして対戦相手がコール。ポットはもっと大きくなります。 おそらく勝てるので、相手をフォールドさせるよりも上策です。
  3. ベットしない場合はおそらく相手もチェックしてきます。 相手はリスク ゼロで Q をヒットするチャンスを得ます。

相手がコールするかどうかにかかわらずベットの方が良いのは明らかです。 ここでチェックはないでしょう。

強いハンドの時に相手にフォールドさせたくないためにベットをしないプレイヤーもいます。 これを「スロープレイ」といいますが、 正しい選択ではない場合も少なくありません。相手にリスク ゼロでチャンスを与えるよりもフォールドさせる方がほとんど常に正解です。

とても弱い手なのに対戦相手全員がフォールドすることを期待してベットするのはブラフです。 ブラフによってポーカーはとてもエキサイティングになりますが、初心者は慎重にプレイすべきなのでブラフは控えめにしましょう。 弱いハンドはシンプルにフォールドし、良いハンドを待ってアグレッシブにベットすべきです。

情報の収集と活用

もしポーカーが手札を見せてプレイするようなゲームならひとつも面白くないはず。 自分が優位な時にベットして不利な時にフォールドするだけになり、全員が完璧にプレイするので配られたカードで勝敗が決まるようになります。

実際には他のプレイヤーの手札を見ることはできないので、ずっと難しくかつ面白くなります。 良いプレイヤーはいつでも根拠を持って対戦相手のハンドを推測しようとします。 もちろん相手のカードが 100% 確実に分かるわけではありませんが、プレイの仕方から情報を得ることはできます。

持っている情報が多いほどうまくプレイできます。



あまりに一般的ですが、相手がベットかレイズしたら持っているハンドは強く、コールしかしない場合は、ホール カードは悪くないのでフロップ以降で強い手になることを期待しているのかもしれません。 フォールドしたプレイヤーのハンドは気にする必要はありません。

テーブルで良いポジション、理想的にはボタンの場合はプレイする順番が最後なので、対戦相手を観察する絶好のチャンスです。 無駄にしないでください。 相手がプレイを通じてどのようなシグナルを送ってきているのかを注意を払って聞き分けてください。

例: ボタンのポジションで手札は です。 特に強いわけではありませんが、悪くないスターティング ハンドです。 優位なポジションなので先行するプレイヤーを観察して、それに応じたプレイができます。

2 通りのシナリオを考えてみましょう。
  1. 対戦相手が全員フォールドし、 まだ 2 人のプレイヤー (ブラインド) が残っています。 おそらくベスト ハンドなのでレイズすべきでしょう。
  2. アーリー ポジションのプレイヤーがレイズし、残り全員がフォールド。 通常アーリー ポジションでレイズするのはとても強いハンドなので、あなたは負けている可能性が高いといえます。 このような強いハンドに勝つ可能性はかなり低いのでフォールドすべきです。

この場合は追加で手に入れた情報によって最善の判断ができますが、アーリー ポジションだとあまり有益な情報は得られません。 フロップ以降でも同様です。 イン ポジションでより多くのハンドに参加してより多くの利益が得られるのはこれが理由です。

まとめ

ポーカーの初心者は弱い手でもハンドに参加しすぎる傾向があります。 ベットやレイズよりもチェックやコールを好み、「タイトアグレッシブ」ではなく「ルースパッシブ」なプレイをしています。

また対戦相手の情報を収集できるポジションになるまで待たず、最低限の情報しかないアーリー ポジションでもプレイします。 優位なポジションの利点に注意を払わず、最大限活用しようともしないのでなおさらです。

実際にはいつもタイトアグレッシブなプレイができるわけではありませんが、初心者がポーカーを始めるには最適なスタイルです。

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。