PokerStars ホームページ
バブル
どんなポーカー トーナメントでもバブルはきわめて重要です。 マルチテーブル トーナメント (MTT) でも Sit & Go トーナメント (STT) でも同様です。

とはいえ、トーナメントの種類に応じてプレイの仕方を変えるべき点も多数あります。 Sit & Go トーナメントのバブルでの最大目標は入賞することですが、 マルチテーブル トーナメントでは、優れたプレイヤーはバブルを利用してチップを増やそうとします。 その目標を達成するためにはトーナメント生命を懸けることも厭いません。



その理由を理解するには、この 2 つのトーナメントの典型的な賞金ストラクチャーを見ていく必要があります。

STT と MTT の賞金ストラクチャーの比較

STT: バイイン 100+9点、9 人制
MTT: Sunday Million (バイイン 200+15
点)
 
順位 STT の賞金 MTT の賞金
1 450点 250,000点
2 270点 182,000点
3 180点 127,000点
4 0点 85,000点
9   13,000点
100   1,500点
500   500点
1260   300点
1261   0点

Sit & Go トーナメントの優勝者が手にする賞金は最低賞金額の 2.5 倍です。 目指すのは常に優勝ですが、入賞することが非常に重要です。 Sunday Million は最低賞金額が 300点 で、 これでも十分高額ですが優勝するとそのほぼ 1,000 倍の賞金が手に入ります。

このためトップ プロは MTT の大きな大会では上位 3 位に入ることを、STT では入賞することを第一の目標に設定します。 これに倣いましょう。
 

弱気なプレイにつけこむ

MTT のバブルではいくらチップを犠牲にしてでも何とか生き残ろうと必死なプレイヤーが大勢います。 対戦相手をよく観察して該当するプレイヤーに目星をつけ、その弱点をつきましょう。

ポーカーでは「弱気」とはタイトで臆病なプレイを言い、必ずしも悪いプレイを意味しません。 弱気なプレイやアグレッシブなプレイが行き過ぎて悪いプレイになることもあれば、少し「弱気」な方が正しいプレイになることもあります。 しかし、MTT のバブルでの弱気なプレイは確実に悪いプレイです。

相手のフォールドがタイトなプレイなのか、それとも本当に弱い手札なのかを知ることはできませんが、 弱気なプレイヤーや臆病なプレイヤーを見つける手掛かりはあります。
  • ライブ ポーカーでは 相手が自ら教えてくれることがあります。 何人残っているかをしょっちゅう訊いてきたり、モンスター ハンドでもないのにコールして負けるのがどれ程バカげているかを解説しだしたり、 ライブ トーナメントで初めて入賞するのが夢だと語り出す人もいます。 この類の話は真実である場合がほとんどなので、 そのプレイヤーは弱気だと見なすことができます。
  • そう簡単には判断できない場合は実際のプレイを見ます。 レイズの局面で 20 回も連続してフォールドするようなら、きわめてタイトにプレイしていると言ってよいでしょう。
  • 弱気かどうかは判断できなくても、その反対である可能性を見て取ることはできる。 平凡なハンドでオールインにコールするようなら弱気なプレイヤーではないので注意が必要です。
弱気なプレイヤーに目星をつけたらすべきことははっきりしています。攻撃あるのみ!

バブル後すぐのプレイ

バブルが弾けて直後はプレイが急にルースになる傾向があります。特に、弱気だったプレイヤーは 入賞したことに満足しています。すでにたくさんのチップを失っているので、 飛ばされることを恐れていません。 動きが活発になり、オールイン レイズを仕掛けてくるので、ブラインドをスチールするにはもっと注意を払ってプレイする必要があります。 ショート スタックの場合はオールインにコールするかどうか迷うこともありますが、相手が標準以下のハンドである可能性も考慮に入れるべきです。
 

バブルでのプレイのまとめ

  • バブルでのプレイはきわめて重要だが、MTT では勝ち残ることが最優先ではない。
  • 勝ち残るためにフォールドし過ぎる弱いプレイヤーをマークする。
  • きわめてアグレッシブにプレイしてブラインドをスチールする。
  • バブルが弾けた後は正気を失って頻繁にオールインしてくるプレイヤーがいる。 悪くないハンドでブラインドのポジションならそうしたプレイヤーを狙い撃ちにする。
  • 弱いペアを持っている場合はコールは慎重に。 五分五分か、でなければずっと劣勢。

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。