PokerStars ホームページ
ホームゲームをよりエキサイティングに
PokerStarsでオンラインポーカーをするのはとても楽しいのですが、たまには昔ながらの家でのポーカーホームゲームで遊ぶのも楽しいですね。ライブでポーカーをするのはオンラインとは全然違う体験です。ライブでは相手のテル(表情、仕草など)を読むことが大切になります。相手の目を見つめて、当たっているかどうかを判断できますか?それにライブでポーカーをするとオンラインよりだいぶゆっくりなペースになるため一時間で配られる手も少なくなります。
ゆっくりなペースで退屈にならないようにオンラインではできないちょっとクレージーなルールをご紹介するのは楽しいかもしれません。ノーリミットホールデムだったり、ポットリミットホールデムだったり、下記のルールを現在のゲームに加えてより面白くポーカーをしましょう。



ストラドルとスーパーストラドル
海外のカジノなどでポーカーをしたことがある方は「ストラドル」と言う単語を聞いたことがあると思います。ストラドルというのはビッグブラインドの左に座っている人が賭ける任意のベットのことです。ということでカードが配られる前にブラインドは3つになります:スモールブラインド、ビッグブラインド、ストラドルです。ストラドルは基本的にビッグブラインドの倍額になるため1/2点のゲームの場合はストラドルは4点となります。

なぜポットに入れる必要のないチップなのにわざわざストラドルをするのでしょうか?主な理由はアクションを勧誘するためです。例えばプリフロップに終わってしまうハンドが多い、大きなポットがほとんどない、つまらなくなったゲームの場合はストラドルを始めたら毎回戦うための大きいポットの種になります。それがあればレイズ、スリーベット、そしてポットに入るプレイヤーも増えるでしょう。簡単に言うと、ポットが盛り上がると、プレイヤーも盛り上がります。他に、自分がストラドルをすれば、相手にルースでじゃんけんが好きだと思われます。特にあまりブラッフをしないタイトなプレイヤーだったらストラドルが効果的です。タイトなイメージさえなくせば、大きなハンドに当たった時には相手がコールしてくれるでしょう。

もちろんストラドルをする時、多くの場合は降りなければならないゴミの手を持っていることになります。しかし、たまたまモンスターを持った時はストラドルが役に立ちます。ストラドルした後にアグレッシブにプレイをすれば「ストラドルをディフェンド」しているだけだと思われます。当然そのたまたまがホームゲームで一番多くのチップを集める良い機会になります。アクションが足りない人にはスーパーストラドルもあります。スーパーストラドルはストラドルの左側の席になり、ストラドルの倍となります。先程の1/2点のゲームではストラドルが4点でスーパーストラドルが8点となります。これでそのゲームのエネルギーが完全に変わります。

デューシズ・ワイルド
ホームゲームを完全に逆さまにしたいならデューシズ・ワイルドがおススメです。ポーカーでは普通は2が望ましくないカードです。一番低いランクなのでノーリミットホールデム、PLOなどのハイカードのゲームでは価値があまりありません。しかしデューシズ・ワイルドでは2がAよりも強くなります。2が手元にあったら、どんなカードとしても使うことができます。例えばA-2だったらA-Aのペアになります。そしてQd-2hがあったら、4d-8d-Jdのフロップではその2hをAdとして使ってナットフラッシュができます!

デューシズ・ワイルドでは2(デュース)はオールマイティーのようなものです。2を持っていて負けることもありますが、ほとんどの場合はそのハンドの勝ちが決まっています。これであなたのホームゲームが完全に変わります。相手が2を持っているかどうかを常に警戒しなければならなく、オールインする時はモンスターがないといけません。新しくて面白いブラッフをする機会も出てきます。例えば2は持っていなくても持っていると相手に思わせるように!

今度、オンラインポーカーを休んでホームゲームを開催した時は、このルールを試してみてはいかがでしょうか。楽しいし、運が良ければこのルールでダントツに勝つことになるかもしれません!

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。