PokerStars ホームページ
リンプのタイミング
初回のレッスンではオープンレイズによってフィールドを絞り、ポットを大きくする方法やブラインドをスチールする方法について学びました。レイズすることでフィールドを絞り、ハンドの強さや相手をフォールドさせることでポットを獲得できます。先行する相手がポットにリンプインすると、その相手は自分の狙いと正反対の状況を作るきらいがあります。リンプがリンプを呼んで、ポットに 4 人が参加していることになったりします。そうなるとショーダウンで勝ったりフォールドに追い込だんりするチャンスが縮小して、期待値が脅かされます。ここではハンドを 3 つのカテゴリに分類してリンパーへの対応をみていきます。

1. マルチウェイポットになるのを回避するためにレイズが必要なハンド。これをアイソハンド (アイソはアイソレーションの略) と呼びます。

2. マルチウェイポットがメリットになるので続けてリンプする方が好ましいハンド。

3. リンプに起因する低いフォールドエクイティ (対戦相手をフォールドさせる確率) のせいでレイズできず、リンプビハインドやマルチウェイポットに適していないハンド。このようなハンドはフォールドします。

1. アイソレーション

先行するプレイヤーがリンプした場合にまず自問自答するのは、アイソレイズすることが自分のハンドにとって一番利益になるかどうかです。拙書『The Grinder's Manual』の中で、アイソレートをすべき 3 つの状況について触れています。

(A) フリークエント ストレングス: これはハンドがフロップで強くなる頻度についての指標です。「フリークエント」とはフロップでまずまずのキッカーを持つトップペアやフラッシュドローなどができる見込みが十分あるハンドを意味します。セットのような強力なハンドはとても魅力的ですが、「フリークエント」と呼ばれるほど頻繁にできるわけではありません。このため、A-A、Q-Q、A-Qs のようなスターティングハンドをフリークエント ストレングスの大きいハンド、K-Jo、A-5s のようなハンドを妥当なハンド、4-4、5-4s、A-6o のようなハンドを小さいハンドと考えます。

(B) フォールドエクイティ: これはポーカー プレイヤーのさまざまな判断の根底にある期待値の中心にある考え方です。「フォールドエクイティ」とは対戦相手がフォールドする確率で、それにより期待値 (EV) が上がるというのが正しい解釈です。フォールドエクイティの正確な数値が分からなくても、リンプした人数やそのプレイ スタイル、自分の後にプレイするルースなプレイヤーの人数に基づいて大まかに推測することはできます。フォールドエクイティが高ければアイソレートするのに必要なハンドのフリークエント ストレングスは小さくなります。

例 1: かなりルースで無謀な 2 人のプレイヤーが UTG と HJ でリンプして、CO のあなたにアクションが回ってきたとします。また、BB はコールを厭わないプレイヤーで、マルチウェイポットを好む傾向があります。この状況でアイソレ-トするには、フリークエント ストレングスがより大きいハンドが必要です。ここで、A-Jo や Q-Js のようなフロップで強いワンペアが見込めるハンドなら、ヘッズアップ、または最悪でも 3 人にフィールドを絞るのを試す価値があります。とはいえ、このような状況では複数のコールが入る恐れがあるため、前述のハンド以下でレイズするのは得策とはいえません。

例 2: 今回はアクションが BU のあなたまで回ります。CO はリンプしましたが、このプレイヤーはとてもパッシブなので、フロップでのコネクトがあまり良くなければフォールドする可能性があります。ブラインドはタイトで、軽率にポットに参加することはなさそうです。これは上の例とは大きく状況が異なります。この場合は 8-5s や K-8o のような投機的なハンドで進んでアイソレートすべきです。すべての条件が満たされています。つまり、フォールドエクイティがかなり高いので、かなり小さなフリークエント ストレングスでアイソレートできます。

(C) ポジション: インポジション (ポストフロップで最後にアクションを行うポジション) には強烈なアドバンテージがあります。情報の力とチップを投じるタイミングに対するコントロールが増すことで、スタックが比較的大きいほぼすべての状況で期待値はかなり大きくなります。このように、インポジションではあらゆる投資の期待値が上がります。アイソレイズをする場合は特にです。この要素、すなわちポジションは前述の 2 つの要素のような影響力はありませんが、アイソレートをするかどうか判断する際にアイソレートをする方にずっと傾きやすくなります。上の例 2 では、後続のストリートで毎回最初にアクションしなければならない SB のポジションなら、8-5s のような手で無理にアイソレートすることはありません。この状況でレイズするとしたら最低でも 8-7s、7-6s、J-To です。アイソレートに関してはポジションがすべてをひっくり返す可能性があります。

この 3 つの要素の必要性は反比例することに注意してください。A が大きくなるほど B と C の必要性が小さくなり、B が大きくなるほど A と C の必要性が、C が大きくなるほど A と B の必要性が小さくなります。

アイソレートのサイズ

リンプによってほかのプレイヤーにもポットに参加するインセンティブが生まれます。フィールドを絞りたいなら、ポットへの参加を断念させるために何か措置を講じる必要があります。ここで役に立つルールは次の通りです。

3 BB とリンパーと後続のとてもルースな相手 1 人につき 1 BB をレイズします。もしリンパーがあなたに対してポジションを持っている (あなたの後にプレイする) ならさらに 1 BB を追加します。

こうすることで対戦相手がマルチウェイポットを作ろうとする意図を事前にくじきます。たとえば、ポジションが BU で、2 人の相手がリンプして、ブラインドの 1 人がコーリングステーションなら、6 BB (3 + 1 + 1 + 1) をレイズするのが正解です。

2. リンプを重ねる

6-max のリングゲームではオープンリンプ (リンプでポットをオープンする) するのは得策ではありません。たいていの場合、オープンレイズした方が良いからです。とはいえ、ほかの相手に続けてリンプするのはまったく別の問題で、しばしば検討することになるでしょう。実際にリンパーによるマルチウェイポットを歓迎すべきハンドもあります。フリークエント ストレングスは低いものの、インプライドオッズは高いハンドです。

インプライドオッズが高いハンドは、大きくコネクトした場合の平均的な配当に対する投資比率が良い状態です。そのため、インプライドオッズが高いハンドとは、高い確率で大きくコネクトすることが可能なハンドとなります。ここで「大きく」とはワンペアより上という意味です。リンプビハインドの候補になるのは「2-2 ~ 6-6」のような小さなポケットペアと、大きなペアにはならないスーテッドコネクター (例: 8-7s) です。 リンプによってフォールドエクイティが低くなったハンドに低額で参加することで、フロップで強いハンドを作るチャンスを狙いながら、何もできずポットを諦めることになった場合の投資を抑えます。ポットに参加するプレイヤーが多いほどインプライドオッズが良くなり、利益を得る可能性が高くなります。このように喜ばしい状況をリンパーが作り出しているのが分かります。

3. フォールド

ブラインドをスチールするためにフォールドエクイティを利用することが、オープンレイズをする第一の理由の 1 つだったことを思い出してください。先行する相手がリンプするとフォールドエクイティが減るので、すでにポットに参加している相手がいるときにレイトポジションでのスチールレンジの一番下はフォールドになるのは当然です。このようなリンプをレイズ戦略を邪魔する無礼なアクションとして見るのではなく、ハンドがプレイする価値がなくなったことを知らせる警告としてとらえるようにしましょう。たとえば、BU で K-9o なら喜んでオープンレイズしますが、先行する 2 人がリンプしている場合はゴミに変わります。この場合、フォールドエクイティもアイソレートするためのフリークエント ストレングスはありません。インプライドオッズもなく、リンプビハインドしてマルチウェイポットのプレイにも適していません。ですので明らかにフォールドです。

まとめ

マイクロ ステークでポーカーを始めたらリンパーに出会うことは珍しくありません。しかし、6-max リングゲームでオープンリンプのようなひどい戦略は恐るるに足りません。高額ステークでもこのような間違いを犯すプレイヤーはたくさんいます。アイソレート、リンプビハインド、フォールドをするタイミングをしっかり理解することは、とてつもなく有益でいつまでも使えるポーカー スキルです。

X クッキーに関する情報

Web サイトの利用体験の向上のためにお使いの PC にクッキーを配置しました。クッキー設定はいつでも変更できます。 変更しない場合はクッキーの使用を許可したことになります。